しぶとい蜂の巣の退治方法|スピーディーに問題解決

安全に巣を除去するために

住宅

スズメバチやアシガバチなど警戒心の強い蜂の巣が作られた場合は、早めの退治が必要となることがあります。退治は、夕方以降に衣服で身を守りながら、殺虫剤を散布するという方法でおこないます。散布後には、蜂の巣を袋詰めしながら除去します。蜂の数や巣の場所によっては、専門業者に任せることも大事です。

もっと見る

一匹見つけたら要注意

アリの巣

アリ駆除は、一匹のアリを見つけたら早めに始めましょう。一匹のありは偵察アリですので、次々と巣からアリが侵入してしまいます。生ごみを放置しないなどの対策をとりながら、市販のアリ駆除剤を用いて対策しましょう。それでも効果が無い場合は、専門業者への依頼を検討しましょう。

もっと見る

家族と近所の安全を守る

蜂

すべてではありませんが、最も危険なスズメバチは自治体から退治費用の補助が受けられます。アシナガバチでも受けられる場合がありますので、事前に確認しておくと便利です。蜂は巣に近付くと大群で襲ってくるため、家族や近所の安全を考慮して、プロの業者に助けを借りると安心できます。

もっと見る

厄介な蜂を駆除

蜂の巣

蜂の巣が車庫や倉庫などに作られてしまうと多くの蜂が集まってくるためとても厄介です。蜂は熊が天敵でもあることから、人間の頭を熊と間違えて攻撃する習性があります。熊の体毛は黒い毛で覆われているため、人間の頭髪を熊と勘違いして刺したり、威嚇して毒液を吹きかけたりする事があります。特にスズメバチは猛毒を持つ毒液を針から出す事ができるほか、他にも人間の皮膚へ噛みついてきたりする事があり個人での駆除は行わない方が良いでしょう。蜂の巣が車庫などに作られてしまった場合、その中に働き蜂が潜伏している可能性もあります。蜂の種類によっては卵だけを産み越冬に備える蜂もいますが、どちらにせよ巣があると蜂が人を襲う可能性があるため工夫して退治する必要があります。

蜂の巣退治には専門業者に作業依頼をしましょう。蜂の巣退治を専門業者が行う場合、周囲に蜂の被害が及ばないように配慮して退治を行います。まずは防虫ネットなどで蜂の巣の周囲を念入りに取り囲み、蜂が攻撃を仕掛けてきても安全に対処を行う事ができるようにします。そしてネットで逃げられない状態から殺虫剤を活用して駆除を行う方法で巣の中を空の状態にします。働き蜂を全て駆除する事ができても、次は卵がまだ巣の中に保管されている可能性があるため、この卵ごと巣を駆除する必要があります。巣の処分は大きなものだと取り外すのに数キロもある場合があり、中でもスズメバチの巣はとりわけ大きな巣となっています。取り外す時も倉庫内で落下してしまわないように注意を払いながら作業を行います。