しぶとい蜂の巣の退治方法|スピーディーに問題解決

安全に巣を除去するために

住宅

除去が必要となるケース

蜂の巣は、多くの場合1年で自然になくなります。というのも蜂の多くは冬には死んでしまいますし、唯一生き残る女王蜂は、別の場所で巣を作ろうとするからです。そのため巣があっても基本的には放置しておいて良いのですが、それがスズメバチやアシナガバチの場合、除去が必要となることがあります。なぜならこれらの蜂は警戒心が強く、人が巣の近くを通り過ぎるだけでも刺しに来ることがあるからです。刺されると、体質によってはアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。そのため日頃からよく通る場所にこれらの蜂の巣が作られた場合には、女王蜂が子供を多く作らないうちに退治することが大事です。退治は、刺されないように衣服でしっかりと身を包み、蜂の動きが鈍くなる夕方以降におこなう必要があります。

具体的な駆除の手順

スズメバチやアシナガバチをどのように退治すれば良いのかというと、まずは蜂の巣の周辺に働き蜂が飛んでいないことを確認します。夕方になると、外を飛んでいた働き蜂が巣に戻るので、それを見届けてから、退治を開始するのです。具体的には、スプレータイプの殺虫剤を蜂の巣にまんべんなく散布します。そして蜂の巣にビニール袋などをかぶせ、口を縛りながらその場所から引き剥がします。蜂の巣から働き蜂が出てくることがあるので、袋は二重三重にかぶせる必要があります。そして、念のため蜂の巣があった場所に再度散布することで、退治は完了します。このように退治は、衣服や時間帯などに気をつけることで個人でもおこなうことが可能となっているのです。しかし蜂の数が多い場合や高所に蜂の巣が作られた場合には、専門業者に依頼した方が安全です。